孔安国(読み)こうあんこく(英語表記)Kong An-guo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

孔安国
こうあんこく
Kong An-guo

中国,前漢の経学者。曲阜 (山東省) の人。孔子 11世の孫。字,子国。武帝のとき博士となり,臨淮の太守にいたって没した。孔子の旧宅から発見された古文経書を研究して,古文の家学を起したが,孔安国の著述として伝えられた『古文尚書』の序や伝,『孝経伝』『論語注』などは,いずれも六朝の頃の偽作であることが,ほぼ定論となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

こうあんこく【孔安国】

中国、前漢の儒者。字あざなは子国。孔子一二世の孫。武帝の時、孔子の旧宅から蝌蚪かと文字で書かれた「尚書」「論語」「孝経」「礼記」が出たので、「今文尚書」と比較研究、「古文尚書」の注釈を著す。生没年未詳。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こう‐あんこく【孔安国】

中国、前漢の学者。「ぐあんこく」ともいう。字(あざな)は子国。孔子一二世の孫。山東曲阜の人。武帝の時、諫議大夫(かんぎたいふ)、臨淮(りんわい)太守となる。孔子の旧宅から発見された「尚書」「論語」「孝経」が、みな蝌蚪(かと)文字であったのを、「今文尚書」と比較研究して解読し、「古文尚書」をおこしたといわれる。生没年不詳。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報