コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

台笠/台傘 ダイガサ

デジタル大辞泉の解説

だい‐がさ【台×笠/台傘】

近世、大名行列などのとき、袋に入れ長い棒の先につけて、小者に持たせたかぶり笠。
(台傘)傘袋に納めた妻折り傘。高位の人の外出の際に飾り傘として用いた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

だいがさ【台笠】

かぶり笠を袋に入れて長い棒の先につけたもの。大名行列などのとき持たせた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

台笠/台傘の関連キーワード七つ道具

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android