コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

史庫 シコ

世界大百科事典 第2版の解説

しこ【史庫】

朝鮮の高麗・李朝時代,《李朝実録》や国家の重要文献を保存するために設置された書庫。1227年(高麗の高宗14),王宮内の史館と慶尚北道海印寺に《明宗実録》を分置したことが内史庫外史庫分化の起源である。李朝初期の史庫は史館と忠州にあったが,1445年,さらに保存に万全を期すため,王宮内の春秋館に内史庫,地方に三つの外史庫(忠州,星州,全州)がおかれた。1592年,豊臣秀吉軍の侵略で3史庫が焼かれ,かろうじて全州史庫所蔵本のみが戦火を免れた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の史庫の言及

【李朝実録】より

…はじめ編纂事業は高麗の制度を引き継いで春秋館が行っていたが,のちに特設の実録庁に移った。《実録》ははじめ手写本1部を作成して忠州の史庫に保管するのみであったが,1439年の全州・星州史庫増設後,春秋館の内史庫と合わせ,4部の手写本を作成して分置した。のちに梁誠之の献議に従い,清書本1部と活字印刷本3部を作成して4史庫に分置した。…

※「史庫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

史庫の関連キーワード光海君危素朝鮮

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android