コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

実録 じつろくShi-lu; Shih-lu

5件 の用語解説(実録の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

実録
じつろく
Shi-lu; Shih-lu

中国の皇帝一代の跡を記した編年体 (→年代記 ) の記録。皇帝側近の起居注官が毎日記録する日記体の記録 (起居注) を史官が整理し,これらをもとに皇帝の死後,その一代記として編纂。起居注は古くからあったといわれるが,実録の体裁は唐代頃から整えられたようである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

実録

天皇や皇族の没後、その生涯の足跡を確かな資料に基づいて記した年代記。時の天皇に献上するために作られる。奈良時代から平安時代前期、中国の例にならって「日本書紀」や「日本文徳天皇実録」など6部の六国史(りっこくし)が作成された。明治以降は孝明、明治、大正の各天皇実録が作られている。

(2014-09-09 朝日新聞 朝刊 3総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

デジタル大辞泉の解説

じつ‐ろく【実録】

事実をありのままに記録したもの。
編年史の形式の一。ある帝王1代の出来事を年を追って記録したもの。「文徳(もんとく)実録
実録物」の略。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

じつろく【実録 shí lù】

中国,皇帝一代の編年体記録。古く後漢あるいは魏晋南北朝のころにも作られているが,体裁のととのったのは唐・宋時代で,天子の言行を記録した起居注を主材料とし,これに諸官庁の記録類を加えて皇帝の没後に編集した。宋以後,遼・金・元などの異民族の王朝でも,同様に実録の編集につとめ,清末にいたった。実録は歴代王朝の正史の主要材料になっているので,史料としてきわめて重要なものであるが,元来宮廷の秘録ということで民間には流布を許さず,現在では宋の《太宗皇帝実録》のほか,明・清2朝の実録が残っているだけである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

じつろく【実録】

事実をありのままに記録したもの。
「実録物もの」の略。
中国で、皇帝一代の事績を記した編年体の記録。日本でも中国に倣った「三代実録」などがある。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

実録の関連情報