コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

号する ゴウスル

デジタル大辞泉の解説

ごう・する〔ガウする〕【号する】

[動サ変][文]がう・す[サ変]《古くは「こうす」》
自ら言い広める。表向きにもっともらしく言う。「規模については世界一と―・する」
名づける。称する。「平成と―・する」
本名のほかに別名をつける。号として呼ぶ。「森林太郎、―・して鴎外」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ごうする【号する】

( 動サ変 ) [文] サ変 がう・す
〔中世末頃まで「かうす」。「かう」は漢音〕
偽ってそう称する。 「骨休めとか-・して一日ぐう〱寐てゐる/それから 漱石
名づける。また、雅号などをつける。 「芭蕉庵と-・する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

号するの関連キーワード双林寺義亮丸投三代吉徳大寺公信西園寺実兼七五三長斎山田洞雪依田竹谷狩野師信冷泉為守横井北泉九鬼隆一畑中銅脈宮崎柳仙水野忠邦水野忠央佐倉真邦龍門宗禹剛外令柔広幡前豊立川焉馬

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

号するの関連情報