コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

合する ガッスル

デジタル大辞泉の解説

がっ・する【合する】

[動サ変][文]がっ・す[サ変]
いくつかのものが一つになる。一緒になる。合う。「支流が本流に―・する地点」
いくつかのものを一つに合わせる。「諸経費を―・する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

がっする【合する】

( 動サ変 ) [文] サ変 がつ・す
いくつかのものが一つになる。合う。また、一つにする。合わせる。 「渡良瀬川の利根川に-・するあたり/田舎教師 花袋

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

合するの関連キーワードイルミンガー海流河内長野[市]男女川・水無川ブルタバ[川]カニャークマリベヌエ[川]桂川(山梨)日光御成道幸手[市]浅井[町]木津〈町〉甲武信ヶ岳星状神経節相同遺伝子若狭街道内耳神経剣状突起阿賀野川壬生通り逢坂の関

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

合するの関連情報