吉夢(読み)きちむ

精選版 日本国語大辞典の解説

きち‐む【吉夢】

〘名〙 えんぎのよい夢。めでたい夢。きつむ。⇔悪夢凶夢
※参天台五台山記(1072‐73)一「有吉夢
※源平盛衰記(14C前)一八「夢、最上の吉夢(キチム)なり。征夷将軍として天下を治め給ふべし」

きつ‐む【吉夢】

※西源院本太平記(14C後)三八「是大なる吉夢(きツム)也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報