吉川一渓(読み)よしかわ いっけい

美術人名辞典の解説

吉川一渓

江戸時代後期の画家。尾張生。狩野派の画家英信の子。名は義信、通称は小右衛門、別号に自寛斎・養元。画を父に学び、仏画を能くし本居宣長像に長じた。門人森高雅等。天保8年(1837)歿、75才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉川一渓 よしかわ-いっけい

1763-1837 江戸時代中期-後期の画家。
宝暦13年生まれ。父吉川養悦にまなび,仏画にすぐれた。門人に森高雅(こうが),小島老鉄(ろうてつ),大石真虎(まとら),渡辺周渓らがいる。天保(てんぽう)8年7月死去。75歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。名は義信。通称は小右衛門。別号に自寛斎,養元。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android