コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉弘元常 よしひろ もとつね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉弘元常 よしひろ-もとつね

1643-1694 江戸時代前期の武士。
寛永20年生まれ。寛文4年から常陸(ひたち)水戸藩主徳川光圀(みつくに)につかえる。貞享(じょうきょう)5年佐々宗淳(さっさ-むねきよ)とともに彰考館総裁となり,「大日本史編修にあたった。元禄(げんろく)7年6月30日死去。52歳。周防(すおう)(山口県)出身。字(あざな)は子常。通称は左介。号は菊潭,磬斎(けいさい)。著作に「磬斎集」「南行雑録」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

吉弘元常の関連キーワードルイルイフランス史(年表)メアリー三井高利メアリカタマルカ岡島冠山サン・シモン(Louis de Rouvroy duc de Saint-Simon)俳句(文学)

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android