コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神道大意 しんとうたいい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神道大意
しんとうたいい

室町時代,吉田 (卜部) 兼直および吉田 (卜部) 兼倶 (かねとも) に仮託して著わされた同名の2つの著作。それぞれ一冊。ともに吉田神道の要旨を簡単に述べたもので,『唯一神道名法要集』と合せて「卜部三部大意」と呼ばれ,広く一般に流布した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しんとうたいい【神道大意】

室町時代の吉田神道の書。吉田兼俱(かねとも)(1435‐1511)の著。唯一宗源神道(吉田神道)の大成者兼俱はその神学確立のために,祖先の名に託し《唯一神道名法要集》(托卜部兼延),《唯一神道大意》(托卜部兼直)などを記しているが,それらとともに彼の神学・思想をみる上の重要書。本書は尊経閣文庫本の奥書より知られるように,1486年(文明18)前将軍足利義政に進めるために記したものである。まず〈夫(それ)神とは天地に先(さきだつ)てしかも天地を定(さだめ),陰陽に超て然も陰陽をなす。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

神道大意の関連キーワード吉川惟足(よしかわこれたり)平田篤胤権田直助卜部兼倶吉田兼右梅辻規清古道大意吉田兼敬吉田兼倶室町時代新田邦光吉川惟足萩原兼従吉田兼見青木永弘

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android