吉田熹六(読み)よしだ きろく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田熹六 よしだ-きろく

1860-1891 明治時代の新聞記者,政治家。
万延元年6月9日生まれ。慶応義塾にまなび,郷里で徳島立憲改進党を組織。明治16年東京で郵便報知新聞にはいり,17年新潟新聞主筆。欧米に遊歴後,報知新聞にはいったが犬養毅(つよし)らと朝野(ちょうや)新聞に転じ,のち「民報」の創刊に協力した。明治24年11月30日死去。32歳。名は憲方。号は韜庵。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android