コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田熹六 よしだ きろく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田熹六 よしだ-きろく

1860-1891 明治時代の新聞記者,政治家。
万延元年6月9日生まれ。慶応義塾にまなび,郷里で徳島立憲改進党を組織。明治16年東京で郵便報知新聞にはいり,17年新潟新聞主筆。欧米に遊歴後,報知新聞にはいったが犬養毅(つよし)らと朝野(ちょうや)新聞に転じ,のち「民報」の創刊に協力した。明治24年11月30日死去。32歳。名は憲方。号は韜庵。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

吉田熹六の関連キーワードドボルザーク(Antonín Dvořák)万延第二帝政ラトビアマクシモビッチマキシモヴィッチ板垣退助新派劇タンザニアヤン カスプロビッチ

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone