コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉良義孚 きら よしざね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉良義孚 きら-よしざね

1711-1766 江戸時代中期の武士。
正徳(しょうとく)元年生まれ。柘植(つげ)影正の次男。旗本東条義武の養子となって,三河吉良氏の分家をつぐ。吉良義周(よしちか)の代に赤穂事件のため断絶した吉良本家の姓を称することを享保(きょうほう)17年ゆるされた。寛延元年西丸書院番。明和3年4月19日死去。56歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

吉良義孚の関連キーワード浮世草子ドールトン怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)ジングシュピール中興俳諧ナンシー(フランス)ブラック(Joseph Black)円山応挙明和事件義太夫節

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android