コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉野信次 よしの しんじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉野信次 よしの-しんじ

1888-1971 大正-昭和時代の官僚,政治家。
明治21年9月17日生まれ。吉野作造の弟。農商務省にはいり,商工次官などをへて,昭和12年第1次近衛内閣商工相。のち貴族院議員,愛知県知事などをつとめ,28年参議院議員,30年第3次鳩山内閣運輸相。昭和46年5月9日死去。82歳。宮城県出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吉野信次
よしのしんじ
(1888―1971)

商工官僚、政治家。宮城県出身。政治学者吉野作造の弟。1913年(大正2)東京帝国大学独法科卒業。農商務省に入り、1931年(昭和6)商工次官となる。東北興業総裁などを経て、1937年6月第一次近衛文麿(このえふみまろ)内閣商工相となる。賀屋興宣(かやおきのり)蔵相らと経済統制を進め、戦時経済本格化への道を開いた。また1937年2月の国策研究会創立にかかわり、革新官僚として名をはせた。1938年満州重工業開発会社副総裁、貴族院勅選議員。1943年愛知県知事。第二次世界大戦後、公職追放となる。1953年(昭和28)参議院議員に当選し、1955年第三次鳩山一郎(はとやまいちろう)内閣の運輸相となる。のち武蔵(むさし)大学学長。著書に『おもかじとりかじ』『さざなみの記』がある。[小田部雄次]
『吉野信次追悼録刊行会編・刊『吉野信次』(1974)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

吉野信次の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android