コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉野塗 ヨシノヌリ

3件 の用語解説(吉野塗の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

よしの‐ぬり【吉野塗】

吉野地方産の漆器。膳(ぜん)・椀(わん)の類が多く、吉野絵とも称されるものは黒漆地に朱漆で木芙蓉(もくふよう)などを描く。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

よしのぬり【吉野塗】

吉野地方に産する吉野盆・吉野椀・吉野根来ねごろなどの漆器。南北朝頃に興ったといわれる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吉野塗
よしのぬり

奈良県下市(しもいち)町を中心とした吉野地方に産する漆器。黒漆(くろうるし)地に朱(しゅ)漆で文様化した木芙蓉(もくふよう)を器面いっぱいに描いた漆絵で装飾される。吉野絵ともいわれ、豊臣(とよとみ)秀吉が吉野観桜の際同行した茶人が考案した意匠と伝えているが、茶席の料理の食器として、椀(わん)、飯器、折敷(おしき)、盆、膳(ぜん)、鉢などにみられる。また、花文は木芙蓉と断定しがたく、葛(くず)、牡丹(ぼたん)、芍薬(しゃくやく)、梅の花から取材し便化(べんか)したという説もある。その類似品は、江戸時代後期に京都や能登(のと)(石川県)の輪島、加賀(石川県)の山中などでもつくられるようになった。[郷家忠臣]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の吉野塗の言及

【椀】より

…南部椀ともいわれる),会津塗(福島県),輪島塗(石川県),若狭塗(福井県小浜市の産。変(かわり)塗の一種),吉野塗(奈良県吉野地方の産。吉野絵,吉野彫,吉野根来,吉野春慶など),黒江塗(和歌山県海南市の産),大内塗(山口県山口市の産。…

※「吉野塗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

吉野塗の関連キーワード吉野紙野地日野塗吉野葛吉野椀独楽塗福蔵大久保辰五郎

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone