吉野塗(読み)ヨシノヌリ

大辞林 第三版の解説

よしのぬり【吉野塗】

吉野地方に産する吉野盆・吉野椀・吉野根来ねごろなどの漆器。南北朝頃に興ったといわれる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吉野塗
よしのぬり

奈良県下市(しもいち)町を中心とした吉野地方に産する漆器。黒漆(くろうるし)地に朱(しゅ)漆で文様化した木芙蓉(もくふよう)を器面いっぱいに描いた漆絵で装飾される。吉野絵ともいわれ、豊臣(とよとみ)秀吉が吉野観桜の際同行した茶人が考案した意匠と伝えているが、茶席の料理の食器として、椀(わん)、飯器、折敷(おしき)、盆、膳(ぜん)、鉢などにみられる。また、花文は木芙蓉と断定しがたく、葛(くず)、牡丹(ぼたん)、芍薬(しゃくやく)、梅の花から取材し便化(べんか)したという説もある。その類似品は、江戸時代後期に京都や能登(のと)(石川県)の輪島、加賀(石川県)の山中などでもつくられるようになった。[郷家忠臣]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

よしの‐ぬり【吉野塗】

〘名〙 奈良県吉野地方に産する漆器。吉野は古くから漆の産地として知られているが、漆器生産の詳細は不明で、吉野彫、吉野根来などと称されるものがあったという。また、吉野春慶と呼ばれるものは慶長年間(一五九六‐一六一五)の創始と伝えられ、近年は下市町で主として日常漆器を産した。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の吉野塗の言及

【椀】より

…南部椀ともいわれる),会津塗(福島県),輪島塗(石川県),若狭塗(福井県小浜市の産。変(かわり)塗の一種),吉野塗(奈良県吉野地方の産。吉野絵,吉野彫,吉野根来,吉野春慶など),黒江塗(和歌山県海南市の産),大内塗(山口県山口市の産。…

※「吉野塗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android