コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下市町(読み)しもいち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

下市〔町〕
しもいち

奈良県中部,吉野川中流南岸にある町。 1890年町制。 1956年秋野,丹生の2村を編入。古くから河港,吉野地方の市場町として発展。元禄年間 (1688~1704) には日本最初の手形といわれる下市札が発行された。現在は吉野川流域で産出する木材の集散地で,割箸神具,焼杉細工などの特産がある。果樹・花卉栽培も行われる。広橋梅林はウメの名所として有名。中央部を国道 309号線が通る。面積 61.99km2。人口 5664(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

下市町の関連情報