同居義務(読み)どうきょぎむ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「同居義務」の解説

同居義務
どうきょぎむ

夫婦同居し生活をともにしなければならない義務 (民法 752) 。夫婦の本質から派生する義務で,法的にそれが意味をもつのは,夫婦関係が破綻に瀕したような場合であるといえる。同居は必ずしも同一の場所の居住を意味しないし,職業,病気,旅行などのために一時的に別居することは同居義務に反しない。同居場所は夫婦の協議で定め,協議がととのわないときは家庭裁判所の調停審判を求めることができる。夫婦の一方が定められた場所に同居しないときは,他方は同居の審判または判決を求めうるが,その不履行に対し強制執行は不可能である。ただし不当な同居義務違反は悪意の遺棄として,離婚原因になる。 (770条1,2項) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「同居義務」の解説

どうきょ‐ぎむ【同居義務】

夫婦が同一の場所に居住する義務。正当な理由がなく違反すると、悪意の遺棄として離婚原因になる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「同居義務」の解説

どうきょ‐ぎむ【同居義務】

〘名〙 婚姻の法律上の効果として、夫婦が同居して生活をともにする義務。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android