同胞教会(読み)どうほうきょうかい(英語表記)Church of United Brethren in Christ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

同胞教会
どうほうきょうかい
Church of United Brethren in Christ

ドイツ語を話す移民への宣教師として渡米したドイツ改革派の牧師 Ph. W.オッテルバインが「回心」を体験したのち,友人のメンノ派牧師 M.ベームとともに 1789年創設した福音主義の教会。教義的にはアルミニウス主義 (→アルミニウス派 ) により,教会組織の面ではメソジストに準じた。オッテルバインとベームが最初の監督に選出された。 1946年福音教会と合併し,福音同胞教会となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

どうほう‐きょうかい〔ドウハウケウクワイ〕【同胞教会】

The Church of United Brethren in Christ》プロテスタントの一教派。ドイツの宣教師オッターバインらが、1789年ごろ、アメリカのペンシルベニアやメリーランドのドイツ系移民の間に伝道。日本には明治28年(1895)に伝えられ、日本基督同胞教会と称した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

どうほうきょうかい【同胞教会】

メソジスト教会と同様の制度をとる、福音主義教会の一派。ドイツ人オッテルバインらが一八世紀後半にアメリカで創始。日本へは1895年(明治28)に伝来した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

どうほう‐きょうかい ドウハウケウクヮイ【同胞教会】

〘名〙 (The Church of United Brethren in Christ) 一八世紀の中頃、北アメリカ、ペンシルバニア州に発生したプロテスタント教会の一派。明治二八年(一八九五)日本に伝来し、日本基督同胞教会と称した。ブレズレン派。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android