名に負う(読み)ナニオウ

デジタル大辞泉の解説

名(な)に負・う

名に、その実体を伴う。また、そのとともに評判される。「―・う親知らず子知らずの難所」
「大伴の氏と―・へる大夫(ますらを)の伴」〈・四四六五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なにおう【名に負う】

名高い。評判である。 「これやこの-・ふ鳴門なるとの渦潮に/万葉集 3638
名としてもっている。 「大伴の氏うじと-・へるますらをの伴とも/万葉集 4465

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

な【名】 に 負(お)

① 名前として持つ。その実体を伴ったものとしての名を持つ。なにしおう。
※古事記(712)下・歌謡「その虻(あむ)を 蜻蛉(あきづ)早咋(く)ひ かくの如 那爾淤波(ナニオハ)むと そらみつ 大和の国を 蜻蛉島とふ」
② 世間一般にその名とともに評判される。有名である。なにしおう。
※万葉(8C後)一五・三六三八「これやこの名爾於布(なニオフ)鳴門の渦潮に玉藻刈るとふ海人少女ども」
③ 自分の名義としている。自己の所有とする。
※今昔(1120頃か)二九「己等は不合の身にも不候はず、田十余町は名に負ひ侍り」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android