コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名護屋播磨太夫 なごや はりまだゆう

1件 の用語解説(名護屋播磨太夫の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

名護屋播磨太夫 なごや-はりまだゆう

?-1765 江戸時代中期の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
竹本大和掾(やまとのじょう)の門弟。享保(きょうほう)の末ごろ,大坂から江戸へいく。延享(えんきょう)の末ごろ名護屋播磨太夫を名のる。宝暦3年市村座の「ひらかな盛衰記」に出演して人気をえ,5年森田座の「仮名手本(かなでほん)忠臣蔵」に出演して名人と称された。明和2年4月21日死去。前名は豊竹雅楽太夫,竹本美濃太夫。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

名護屋播磨太夫の関連キーワード世話浄瑠璃江戸太夫意教江戸半太夫(2代)江戸半太夫(3代)かほ一佐中竹本播磨少掾(2代)立花河内十寸見河丈(3代)松田ばく

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone