コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

向坂甚内 こうさか じんない

2件 の用語解説(向坂甚内の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

向坂甚内 こうさか-じんない

?-1613 江戸時代前期の盗賊。
宮本武蔵(むさし)の弟子ともいわれる。江戸の泥棒の首領となりながら幕府から盗賊の取り締まりを委嘱されるが,慶長18年甚内自身捕らえられ,同年8月12日鳥越で処刑された。姓は高坂,幸坂ともかき,勾崎(こうさき)ともいう。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

向坂甚内
こうさかじんない
(?―1613)

江戸初期の大盗賊。向崎、勾崎、高坂とも書く。巷説(こうせつ)に宮本武蔵(むさし)の弟子とあるが、生地、経歴ともに詳細は不明。浪人、盗賊退治に力を入れていた幕府の命で、大泥棒の甚内自身、関八州の強盗の取締りを委嘱されていた。1613年(慶長18)本人も逮捕され、引廻(ひきまわ)しのうえ磔刑(たっけい)に処せられた。江戸っ子には親しまれ、マラリアを病んでいた甚内にちなみ瘧(おこり)を治す神様として祠(ほこら)と甚内橋跡碑が、処刑地に近い東京都台東(たいとう)区浅草橋3丁目に現存する。[稲垣史生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

向坂甚内の関連キーワード青山了昌田舎小僧里見義高鳶沢甚内西三博本多政遂横谷宗与(初代)頼意《アリ・ババと四十人の盗賊の物語》《バグダッドの盗賊》

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone