吟味役(読み)ギンミヤク

大辞林 第三版の解説

ぎんみやく【吟味役】

江戸時代、裁判で訴訟や犯罪の吟味をする役。また、その役人。吟味掛。吟味方。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぎんみ‐やく【吟味役】

〘名〙
① 江戸時代の裁判で、訴訟や犯罪を調べ糾(ただ)すことを担当する役人。評定所および勘定奉行所では評定所留役、寺社奉行所では吟味物調役、町奉行所では吟味方与力がこれにあたる。吟味方。吟味掛。
※浮世草子・武道伝来記(1687)三「国中吟味役(キンミヤク)を仰付させられし御目がね違はす」
② 金銭、物品などの管理、出納事務の執行を監査する者。監査役。
※牧民金鑑‐一二・御貸附金・弘化元年(1844)正月「向後自分共吟味役取扱候様、土大炊頭殿被仰渡候間、可被得其意候」
※勘契備忘記‐上・享保四年(1719)(古事類苑・官位五九)「吟味役勤方被仰渡之留」
④ 江戸時代、大坂町奉行所配下の同心の一分課。強盗、窃盗を除く他の犯罪の吟味を担当したもの。〔旧市制規‐上(古事類苑・官位七三)〕
⑤ 江戸時代、松前(函館)奉行配下の吏員。奉行の指揮をうけ庶務を分掌した者。六人。百五十俵高。役料三百俵。支配吟味役。
※明良帯録(1814)後「松前奉行〈略〉吟味役改役の属役有り」
⑥ 花札で、いちばん勝った者をいう。吟味。〔新かくし言葉辞典(1930)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

吟味役の関連情報