コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吹(き)込む フキコム

デジタル大辞泉の解説

ふき‐こ・む【吹(き)込む】

[動マ五(四)]
風が吹いて中へ入りこむ。また、風に吹かれて、雨・雪などが中へ入りこむ。「雨が―・む」「すきま風が―・む」
吹いて中へ入れる。「風船に息を―・む」「新風を―・む」
ある精神・考え方を教え込む。「片寄った思想を―・む」
レコードやテープなどに録音する。「テープにメッセージを―・む」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

吹(き)込むの関連キーワードジュンガル(準噶爾)盆地杵屋佐吉(4世)イリ(伊犁)盆地溶融還元製鉄法ベッセマー法アイダホ州ガス発生炉すきま風コリンズラリック起泡分離肺活量計スリン溶鉱炉流動層マット攪拌平炉

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android