コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吹(き)込む フキコム

デジタル大辞泉の解説

ふき‐こ・む【吹(き)込む】

[動マ五(四)]
風が吹いて中へ入りこむ。また、風に吹かれて、雨・雪などが中へ入りこむ。「雨が―・む」「すきま風が―・む」
吹いて中へ入れる。「風船に息を―・む」「新風を―・む」
ある精神・考え方を教え込む。「片寄った思想を―・む」
レコードやテープなどに録音する。「テープにメッセージを―・む」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

吹(き)込むの関連キーワードジュンガル(準噶爾)盆地イリ(伊犁)盆地杵屋佐吉(4世)溶融還元製鉄法ベッセマー法アイダホ州ガス発生炉コリンズすきま風ラリック肺活量計起泡分離スリン溶鉱炉流動層マット攪拌平炉

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android