吹込む(読み)フキコム

デジタル大辞泉「吹込む」の解説

ふき‐こ・む【吹(き)込む】

[動マ五(四)]
風が吹いて中へ入りこむ。また、風に吹かれて、雨・雪などが中へ入りこむ。「雨が―・む」「すきま風が―・む」
吹いて中へ入れる。「風船を―・む」「新風を―・む」
ある精神・考え方を教え込む。「片寄った思想を―・む」
レコーダーなどを用いて録音する。「テープにメッセージを―・む」
[類語]吹く吹き付ける吹き上げる吹き下ろす吹き抜ける吹き荒れる吹きすさぶ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android