吹付ける(読み)フキツケル

デジタル大辞泉「吹付ける」の解説

ふき‐つ・ける【吹(き)付ける】

[動カ下一][文]ふきつ・く[カ下二]
風が強く吹き当たる。「寒風が―・ける」
液体などを吹いて霧状にして付着させる。「スプレー塗料を―・ける」
勢いよく吹いて物に当てる。「風が雨を窓に―・ける」
そそのかす。たきつける。
吹いてをたきつける。
「処々刈り集めてかに火を―・けたれば」〈太平記・一四〉
[類語]吹く吹き上げる吹き下ろす吹き込む吹き抜ける吹き荒れる吹きすさぶ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android