旅僧(読み)タビソウ

大辞林 第三版の解説

たびそう【旅僧】

諸国を旅して修行する僧。りょそう。

りょそう【旅僧】

旅の僧。たびそう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

たび‐そう【旅僧】

〘名〙 をしている僧。行脚(あんぎゃ)僧。りょそう。
※随筆・孔雀楼筆記(1768)四「そこもと武士に非ず、騎馬の術を学得ても益なし。されど、遊方僧(タビそう)一般(〈注〉をなしこと)に旅遊せらる」

りょ‐そう【旅僧】

〘名〙 旅の僧。たびそう。 〔黒本本節用集(室町)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

旅僧の関連情報