コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

呉興 ごこう

百科事典マイペディアの解説

呉興【ごこう】

湖州

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ごこう【呉興 Wú xīng】

中国,浙江省北部の県。1979年より都市区は湖州市となり,嘉興地区の中心。北は太湖,南は天目山に臨み,東苕渓(ちようけい)と西苕渓の合流する地点にあり,山野水沢の産物に恵まれる。太湖の東が呉越を結ぶ表通りであるのに対し,太湖の南は浙江と安徽南東部を結ぶルートにあたり,また太湖を渡って蘇州へ至ることも容易であるところから,嘉興とは別の立場から呉越を制する要衝であった。秦に烏程県が置かれ,三国呉に呉興郡となり,隋から湖州となったが,帰属は蘇州と杭州の間を変転した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

呉興
ごこう / ウーシン

中国、浙江(せっこう)省北部にある湖州(こしゅう)市の市轄区。(ちょうけい)の下流に位置し、太湖(たいこ)に臨み江蘇(こうそ)省に隣接する。人口45万9900(2014)。秦(しん)代に烏程(うてい)県が置かれ、三国呉代は呉興郡の治所であった。宋(そう)代に帰安(きあん)県を分置し、明(みん)・清(しん)代は湖州府の治所とされ、1912年帰安県を合併して呉興県と改めた。1979年湖州市を分置し、1981年湖州市に編入。2003年同市の市轄区となった。
 杭嘉湖(こうかこ)平原の養蚕地帯の中心で、明代後半より製糸、絹織物の生産が発達し、現在も省最大の絹織物工業地帯である。区東部の織里鎮は木綿の集散地、国内最大級の子供服の生産地として知られる。江南でもっとも早く開発された地方で、土壌が肥沃で米の生産が多く、宋代には「蘇湖(蘇州と湖州)熟すれば天下足る」とまでいわれた。杭嘉湖平原の水郷地帯にあるだけに内陸水運は四通八達している。[林 和生・編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

呉興の関連キーワード用章延俊銭三強凌濛初費漢源燕文貴王献之張人傑費丹旭沈家本褚民誼張僧繇銭玄同陸心源沈南蘋趙孟頫銭舜挙陳立夫越州窯伊孚九唐棣