呉西(読み)ごせい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

呉西
ごせい

富山県の西半分をさす地方名。呉羽丘陵以西で,県下第2の都市高岡市を中心に射水市氷見市砺波市小矢部市南砺市を含む。呉東に比べて開発が早く,越中一宮,国府も置かれた。石川県金沢市との結びつきが強いが,富山=高岡の連合都市化により,呉東との一体化が進み,地域区分の意味は失われつつある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の呉西の言及

【富山[県]】より

…高山本線は34年に開通した。私鉄は呉東を中心に富山地方鉄道,呉西を中心に加越能(かえつの)鉄道が地方交通の需要に応じている。道路の大動脈は県域を東西に走る国道8号線で,これを軸として南北に通じる41号,156号,160号線などがある。…

※「呉西」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

呉西の関連情報