コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小矢部市(読み)おやべ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小矢部〔市〕
おやべ

富山県西部,小矢部川中流域にあり,石川県と境を接する市。 1962年石動 (いするぎ) ,砺中 (とちゅう) の2町が合体して市制。中心市街地の石動は北陸道倶利伽羅峠のふもとの宿場町で,南部の津沢とともに小矢部川の河港としても発達。米作のほか,エノキダケ,茶が栽培され,養鶏も盛ん。自動二輪車,繊維,ゴム,木材,化学などの工場が立地。南西部には砺波山の戦いで有名な古戦場を中心に倶利伽羅県定公園がある。北部の丘陵地帯を流れる小矢部川支流の子撫川の上流は宮島峡と呼ばれ,滝や甌穴群がある。 JR北陸本線,国道8号線が市域中央部を,北陸自動車道が南部を横断し,インターチェンジがある。面積 134.07km2。人口 3万399(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小矢部市の関連情報