コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

告緡 こくびんGao-min; Kao-min

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

告緡
こくびん
Gao-min; Kao-min

中国,漢の武帝の代に行われた申告税に対する密告制度。武帝は外征による財政の窮乏を補うため元狩4 (前 119) 年算緡 (さんびん) の法を定め,商工業者,特に商人の資財の税を重くし,税の申告をしなかったり,申告漏れがあった者は財産を没収し,辺境守備に徴発することとした。しかしこのきびしい規定にもかかわらず徴税の実が上がらなかったため,元鼎3 (前 114) 年揚可の建議によって密告制を奨励し,密告者には没収財産の半分を与えることにした。このため多くの人が密告され,破産したと伝えられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

告緡の関連キーワード武帝(中国、前漢)武帝[前漢]張湯

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android