周布(読み)すふ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

周布
すふ

島根県西部,浜田市にある周布川河口の集落。旧村名。 1940年近隣町村と合体して浜田市となる。古代の周布郷で,中世は周布氏の城下となった。「ひさご塚」といわれる仁徳天皇時代の前方後円墳があり,周布古墳として史跡に指定。河口は輸入木材の貯木場となっている。周辺に工業団地が建設され,宅地化が進んでいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

周布
すふ

島根県中央部、浜田市の西郊地区。旧周布村。周布川の下流域にあり、古代の周布郷の地。前方後円墳の周布古墳(国史跡)がある。三宅(みやけ)地区は古代の屯倉(みやけ)のあった所とされる。周布川河口に県営水中貯木場と木工団地があり、外材を加工する。国道9号が通じ、JR山陰本線周布駅がある。[野本晃史]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

周布の関連情報