コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

化合物命名法 かごうぶつめいめいほう

1件 の用語解説(化合物命名法の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かごうぶつめいめいほう【化合物命名法】

古く,化学が成立していく初期段階では,取り扱われる化学物質の数もあまり多くなく,習慣的なあいまいな名称や,発見者が勝手につけた名称(外観や,人名,地名あるいはあいまいな理由からきたものが多かった)を用いていても,それほど不都合なこともなかった。しかし化学の発展とともに,膨大な数の化合物が記録されてくると,そのような非統一的,非組織的な命名法では混乱を生じ,さらには誤解をまねくことになり,化学の発展をさまたげるようになる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

化合物命名法の関連キーワード発売段階成長段階衰退段階エチュード初期消火胚発生ダン(Done)約定(やくじょう)氷泥球節炎 (osselet)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone