命宮(読み)メイキュウ

占い用語集の解説

命宮

紫微斗数で用いられる星が入る宮(部屋)のこと。紫微斗数の中でも最重要の宮とされ、個人の運勢・性格・才能など、中心的な内容をこの宮で判断する。

出典 占い学校 アカデメイア・カレッジ占い用語集について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

めい‐きゅう【命宮】

〘名〙 人相判断で、両眉の間のこと。生涯の運勢があらわれるところという。
※搦手から(1915)〈長谷川如是閑〉くつしたの穴「令嬢の視線はと見れば、矢張、僕の眼と鼻の間、即ち相家の所謂命宮(メイキュウ)の辺を射て居るのだ」 〔神相全編‐一二宮訣〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android