命宮(読み)めいきゅう

精選版 日本国語大辞典「命宮」の解説

めい‐きゅう【命宮】

〘名〙 人相判断で、両眉のこと。生涯の運勢があらわれるところという。
※搦手から(1915)〈長谷川如是閑〉くつしたの穴「令嬢の視線はと見れば、矢張、僕の眼と鼻の間、即ち相家の所謂命(メイキュウ)の辺を射て居るのだ」 〔神相全編‐一二宮訣〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android