コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

命宮 メイキュウ

デジタル大辞泉の解説

めい‐きゅう【命宮】

人相判断で、両眉の間のこと。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

占い用語集の解説

命宮

紫微斗数で用いられる星が入る宮(部屋)のこと。紫微斗数の中でも最重要の宮とされ、個人の運勢・性格・才能など、中心的な内容をこの宮で判断する。

出典|占い学校 アカデメイア・カレッジ占い用語集について | 情報

大辞林 第三版の解説

めいきゅう【命宮】

人相判断術で、両眉の間。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

命宮の関連キーワードウィリアム3世暗殺計画ジャコバイトフォックス熱田神宮紫微斗数印堂

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android