コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和しん わしんHe-shen; Ho-shên

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

和しん
わしん
He-shen; Ho-shên

[生]?
[没]嘉慶4(1799)
中国,清の乾隆帝時代の権臣。ニオフル (鈕 祜禄) 氏の出身。満州正紅旗の人。字は致斎。貧家の出身であるが,乾隆帝の寵愛を受けて高位高官に上り,専横をきわめた。乾隆 34 (1769) 年軽車都尉,同 41年に戸部侍郎,さらに軍機大臣,戸部尚書,議政大臣となった。また子の豊紳,殷徳は帝の娘と婚姻。乾隆朝の繁栄の時流に乗って,崇文門税務監督などの地位を利用して賄賂をむさぼり私財をたくわえ,その額は 10億両に上ったといわれる。乾隆帝が退位して太上皇帝となってからも嘉慶帝をないがしろにしたが,太上皇帝の死後ただちに弾劾され,20の大罪をもって自決させられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

和しんの関連キーワード孫士毅

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

和しんの関連情報