コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和庵清順 わあん しょうじゅん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

和庵清順 わあん-しょうじゅん

1408-? 室町時代の僧。
応永15年生まれ。能登(のと)(石川県)七尾の曹洞宗(そうとうしゅう)実相寺一庵如清(いちあん-にょしょう)の法をつぐ。武蔵(むさし)忍(おし)城(埼玉県)城主成田家時(いえとき)にまねかれ,竜淵(りゅうえん)寺の開山(かいさん)となった。寛正(かんしょう)5年57歳で行脚(あんぎゃ)に出発,以後の消息は不明。

和庵清順 かあん-せいじゅん

わあん-しょうじゅん

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

和庵清順の関連キーワード室町時代

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android