和気亀亭(2代)(読み)わけ きてい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

和気亀亭(2代) わけ-きてい

?-1822 江戸時代後期の陶工。
備前(岡山県)の人。初代亀亭のをつぐ。磁器改良につとめ,門人の宮田熊吉(亀熊)を肥前有田に派遣して染め付け磁器を完成させた。ただし染め付けの完成を3代のときとするもある。文政5年死去。通称は平吉。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アラビックヤマト

ヤマト株式会社の液状のりのブランド名。1975年発売。スポンジキャップと速乾性が特徴。スタンダードのほか、先がカーブしている「エル」、太・細塗りが出来る「ツイン」、スポンジ部分を下にして置ける「さかだ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android