コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和気亀亭(2代) わけ きてい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

和気亀亭(2代) わけ-きてい

?-1822 江戸時代後期の陶工。
備前(岡山県)の人。初代亀亭の跡をつぐ。磁器の改良につとめ,門人の宮田熊吉(亀熊)を肥前有田に派遣して染め付け磁器を完成させた。ただし染め付けの完成を3代のときとする説もある。文政5年死去。通称は平吉。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

和気亀亭(2代)の関連キーワード宇田川榕菴グラントボードイン治宮ミュラー柏木如亭斎藤方策レジナイトシンプレクタイト組織真珠岩

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android