コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和気嗣成 わけの つぎなり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

和気嗣成 わけの-つぎなり

1275-1355 鎌倉-南北朝時代の医師。
建治(けんじ)元年生まれ。典薬頭(てんやくのかみ),侍医,施薬院使などをつとめる。足利直義(ただよし)夫人の懐妊(かいにん)を診断し,男子出生をよろこんだ直義から領地をあたえられた。従三位。文和(ぶんな)4=正平(しょうへい)10年8月11日死去。81歳。法名は見覚。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

和気嗣成の関連キーワード南北朝時代和気常成建治

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android