コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和漢薬 わかんやく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

和漢薬
わかんやく

漢薬総称。「和薬」とは,中国でいう草薬に当たるもので,日本の民間で開発された生薬のこと。「漢薬」とは,中薬のことで,中国で開発された生薬をいう。日本の生薬市場で一般に取引される,薬草を原料とする和漢薬は,300種以上に達するが,常用されるのは 100~200種である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

わかんやく【和漢薬】

西洋医方に対し、和漢の医方で用いられてきた生薬を主とする薬。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

和漢薬
わかんやく

和薬と漢薬を総称する語。和薬とは日本民族固有の生薬(しょうやく)を示すことばであるが、真の意味でわが国独自のものは少なく、大半は漢方(中国医学)から学んだものである。したがって、和薬と漢薬をあえて区別せず、これらを総称して和漢薬とよぶのが一般的である。また、漢薬といえども西域(せいいき)(インドやヨーロッパ)から学んだ薬物も多いため、和漢薬の用語も、広義には生薬全体を示す用語として解釈されている。[難波恒雄・御影雅幸]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の和漢薬の言及

【漢方薬】より

…漢方という言葉は,江戸時代に,オランダから伝えられた医学を蘭方と呼んだのに対して,従来中国より学んで日本に同化した医学の呼称として造られた。漢方薬に類似する用語に和漢薬,皇漢薬,民間薬などがあり,商業上はこれらを総括して漢方薬と呼ぶことがあるが,それぞれ,厳密には異なる内容を意味する。たとえば,ゲンノショウコ,ドクダミ等は広く日本の民間で用いられているが,使用法は漢方の場合とまったく異なるので通常,漢方薬には含めず,民間薬として区分する。…

【生薬】より

…また医薬品として利用されるものは,成分製剤原料であるとの考え方からdrug materialという言葉もよく使われる。 生薬に関連する日本語の用語として薬用植物,薬草,漢方薬民間薬,和漢薬などがある。薬用植物と薬草はほぼ同意義に使われるが,薬用植物中には薬木(やくぼく)も,またアメリカでは抗生物質を生産する放線菌なども含めている。…

【薬用植物】より

…さらに,分離した単一物質の類似化合物を合成化学的に製造し,各種試験を経た後に医薬品とされることもある。日本では抗生物質製剤や,合成医薬品を開発し,製造する技術を有する一方,伝統的な和漢薬(生薬)が市場にあふれ,漢方的にもまた,民間薬的にも使える状況にある。また漢方製剤には合成医薬品などと同様に保険薬としての取扱いを受けるものもある。…

※「和漢薬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

和漢薬の関連キーワード和漢医薬学総合研究所武田薬品工業[株]藤沢薬品工業[株]富山医科薬科大学塩野義製薬(株)塩野義製薬[株]武田薬品工業清水 藤太郎近江屋長兵衛刈米 達夫清水藤太郎木村 康一朝比奈泰彦薬用植物中尾万三猪子吉人しょう漢方薬枚岡

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

和漢薬の関連情報