コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和田呉山 わだ ござん

2件 の用語解説(和田呉山の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

和田呉山

江戸後期の画家。大坂生。名は弘毅、通称房吉。森徹山の門で画法を学び、人物花鳥を得意とした。四三才で落飾し、名を空相と改め、法諱を月心、阿閦と称す。のち京都神光院に移り精進苦行し、法務の余暇に好んで白衣観音像を描き、民衆に施与した。明治3年(1870)歿、71才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

和田呉山 わだ-ござん

1800-1870 江戸時代後期の僧,画家。
寛政12年生まれ。森徹山(てつざん)の門人。42歳のとき師と妻に死別,仏門にはいり月心とあらため,空相と号した。のち京都西賀茂神光院の住職。白衣(びゃくえ)観音像,地蔵菩薩(ぼさつ)をえがき,人にあたえた。明治3年8月21日死去。71歳。大坂出身。俗名は弘毅。通称は房吉。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

和田呉山の関連キーワード日義乾在淵内田正容国包(12代)小林瓦斎清水雲窩順阿長隠(1)原得斎松本董斎

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone