コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

哲学原理 てつがくげんり Principia philosophiae

1件 の用語解説(哲学原理の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

哲学原理
てつがくげんり
Principia philosophiae

フランスの哲学者ルネ・デカルトの著作。『省察録』の脱稿とほぼ同時期の 1640年末に計画され,44年アムステルダムで初版を出した。人間認識の諸原理 (形而上学) ,物質的事物の諸原理 (自然学) ,可視的世界 (天体論) ,地球 (地上の諸現象) を扱う全4部から成り,さらに動植物の本性,人間の本性の2部をも構想していたが,第4部 188節以下に感覚作用の生理学が簡略に触れられるにとどまった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

哲学原理の関連キーワードアムランデカルトマルブランシュルヌービエマールブランシュラメトリデカルト主義ル・センヌ《デカルトの哲学原理》デカルトの葉線

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

哲学原理の関連情報