コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

哲学原理 てつがくげんりPrincipia philosophiae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

哲学原理
てつがくげんり
Principia philosophiae

フランスの哲学者ルネ・デカルトの著作。『省察録』の脱稿とほぼ同時期の 1640年末に計画され,44年アムステルダムで初版を出した。人間認識の諸原理 (形而上学) ,物質的事物の諸原理 (自然学) ,可視的世界 (天体論) ,地球 (地上の諸現象) を扱う全4部から成り,さらに動植物の本性,人間の本性の2部をも構想していたが,第4部 188節以下に感覚作用の生理学が簡略に触れられるにとどまった。体系的に述べられているので,形而上学の部分も『省察録』と微妙な差異がある。 47年友人 C.ピコによるフランス語訳が著者の校閲のうえパリで出版。これにはピコへの手紙が序文として添えられており,その終りに形而上学を根,自然学を幹,医学,機械技術,道徳を枝とする哲学の木が描かれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

哲学原理の関連キーワードソロビヨフ(Vladimir Sergeevich Solov'yov)ニュートン(Sir Isaac Newton)ジョルジオ デル・ベッキョわれ思う、故にわれ在り日常言語学派和田 小次郎リベラリズムストア学派三谷 隆正池上 鎌三スパベンタエネルギースピノザ高柳賢三経済哲学明晰判明三浦梅園三谷隆正保守主義科学

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

哲学原理の関連情報