コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唄浄瑠璃 ウタジョウルリ

デジタル大辞泉の解説

うた‐じょうるり〔‐ジヤウルリ〕【唄浄瑠璃】

浄瑠璃の分類の一。語り物である義太夫節に対して、歌い物の要素を加味した浄瑠璃。大薩摩(おおざつま)一中(いっちゅう)河東(かとう)薗八(そのはち)富本常磐津(ときわず)清元新内などをいう。
長唄の一種で、浄瑠璃の語り物の要素を加味したもの。明和(1764~1772)のころ、富士田吉治が始めた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

唄浄瑠璃【うたじょうるり】

浄瑠璃の中で演劇の場に用いられず,宴席などを主たる演奏の場とするものの呼び名。一中節河東節宮薗節常磐津節富本節清元節新内節などをさし,義太夫節に対立する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

うたじょうるり【唄浄瑠璃】

三味線音楽の一種。浄瑠璃の味を持たせて歌う長唄。明和(1764‐72)のころ富士田吉次(治)が歌い出した新傾向の長唄。それまでの長唄は二上り三下りを基調としていたのに対し,浄瑠璃の基本である本調子で歌った長唄をさす。内容にも物語的要素が強い。しかし今日のふつうの長唄との区別はつけにくい。代表曲に《吉原雀》(1768),《隈取安宅松(くまどりあたかのまつ)》(1769)がある。その後の長唄の多様化は,唄浄瑠璃の部分を発展させ,また浄瑠璃系でも二上りや三下りを採り入れ,語り方を唄に近づけたので,今日の三味線音楽はすべて唄浄瑠璃的である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

うたじょうるり【唄浄瑠璃】

唄がかった浄瑠璃。浄瑠璃は本来は語り物であるが、その中で唄物的傾向の強い流派。河東節・一中節・宮薗節・新内節・常磐津節・清元節など、義太夫節以外の諸流をさす。
長唄の曲種分類。浄瑠璃的性格をもった長唄。特に一八世紀後半に富士田吉次が作曲・演奏した「安宅松あたかのまつ」ほかの数曲をさす。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の唄浄瑠璃の言及

【長唄】より

…この時期の長唄唄方には坂田兵四郎,初世松島庄五郎,初世吉住小三郎,三味線方には7代目杵屋喜三郎,初世杵屋新右衛門,初世杵屋弥三郎,初世杵屋忠次郎,囃子方には宇野長七などがいる。明和期(1764‐72)になると,一中節の太夫から転向した初世富士田吉次(治)によって長唄に浄瑠璃の曲節を加えた唄浄瑠璃(例《吉原雀(よしわらすずめ)》《安宅松(あたかのまつ)》)が創始されたり,大薩摩節(おおざつまぶし)との掛合(《鞭桜宇佐幣(むちざくらうさのみてぐら)》)も開始されて,長唄に新機軸を生みだした。また,この時期には9代目市村羽左衛門など立役(男役)にも舞踊の名手が現れ,舞踊は女形の独占芸という慣行が打破された結果,男性的な曲も生まれた。…

【富士田吉次(富士田吉治)】より

…俳名は楓江(ふうこう)。長唄に一中節,豊後節,義太夫節などの曲節を加味した唄浄瑠璃を創始し,さらに大薩摩節(おおざつまぶし)との掛合を始めるなど長唄に新機軸を生み出す。天性の美声で好評を博し,彼の長唄を聞くために観客が集まり,〈見物を呼ぶ唄うたひ古今稀れのものなり〉といわれた。…

※「唄浄瑠璃」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

唄浄瑠璃の関連キーワード岡安 南浦(3代目)吉住小三郎(1世)吉住小三郎(2代)富士田吉次(1世)富士田吉次(初代)富士田吉次(吉治)吉住瓢二(2代)鈴木万里(初代)鶴屋南北(5代)中村兵蔵(初代)鈴木萬里(1世)和歌村藤四郎蔦山四郎兵衛吉住小三郎うたいものうた浄瑠璃柴田小源治松川仁平次岸田烏暁錦屋金次

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android