コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富士田吉治 ふじたきちじ

百科事典マイペディアの解説

富士田吉治【ふじたきちじ】

長唄唄方の芸名。4世まであった。初世〔1714-1771〕は,もと一中節の太夫。のち長唄に転じた。名人といわれた美声持主で,唄浄瑠璃と呼ばれる長唄の一分野を拡充した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

富士田吉治の関連キーワード富士田 千蔵(7代目)富士田吉治(2代)富士田千蔵(6代)都太夫和中(2代)富士田吉次(初代)富士田千蔵(初代)富士田千蔵(7代)湖出市十郎(初代)大薩摩主膳太夫荻江露友荻江節吉原雀安宅松鷺娘

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android