富士田吉治(読み)ふじたきちじ

百科事典マイペディアの解説

富士田吉治【ふじたきちじ】

長唄唄方の芸名。4世まであった。初世〔1714-1771〕は,もと一中節の太夫。のち長唄に転じた。名人といわれた美声持主で,唄浄瑠璃と呼ばれる長唄の一分野を拡充した。また《鷺娘》《吉原雀》などの名作を残し,浄瑠璃との掛合という演奏形式を始めるなど,数々の新機軸を生み出した。一時,吉次を名乗る。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android