コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唐会要 とうかいようTang hui-yao

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

唐会要
とうかいよう
Tang hui-yao

中国,唐朝の諸制度の沿革項目別に記した書。 100巻。宋の王溥 (おうふ) の著となっているが,それ以前,唐の蘇冕 (そべん) や崔鉉 (さいげん) らがそれぞれ 40巻の『会要』を著わし,王溥がそれ以後唐末までを付加して 100巻としたもの。ただし蘇冕らの書は今日伝わらない。 514の項目に分れ,帝王,皇后,宮廷,官制から宗教,経済,さらに異民族に関することまで収められており,唐代研究の基本的な文献となっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

唐会要
とうかいよう

唐代の制度を類集した政書。北宋(ほくそう)初の王溥(おうふ)ら編(961年成る)、100巻。蘇冕(そべん)ら編『会要』(8世紀末)と崔鉉(さいげん)ら編『続会要』(9世紀中葉)をあわせ、唐末の記事を加え、帝王に始まり蕃夷(ばんい)に終わる構成で数百項目に分け、唐代の国制と、とくに為政者の参考となる奏議などを載録する。唐の典章をうかがうのにもっとも便利な書物で、以降、歴朝これに倣い各代の会要がつくられた。現行本は清(しん)初に『永楽大典』から抽出復原されたテキストで、一部後補を含む。[池田 温]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

唐会要の関連キーワードホウレンソウカングリ族阿羅本花喰鳥昭陵耽羅池田散楽幻術

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android