コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唸り声 ウナリゴエ

デジタル大辞泉の解説

うなり‐ごえ〔‐ごゑ〕【×唸り声】

力を入れたり、苦しかったり、感心したりしたときなどに出す低い声。獣のほえる声についてもいう。うめき声。
低く長く続く音。機械や楽器などの音、虫の羽音などにいう。
謡曲・浪曲・浄瑠璃などを、低音でしぼるように声を出してうたったり語ったりする声。
動物が相手を威嚇するときに発する声。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うなりごえ【唸り声】

苦しいとき、感心したときなどに発する言葉にはならない低い声。 「 -をあげる」
動物が相手を威嚇するように発するウーという声。
低く鳴りひびく音。 「風の-」 「電線の-」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

唸り声の関連キーワード浄瑠璃浪曲羽音謡曲ウー電線

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

唸り声の関連情報