コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

商団事件 しょうだんじけん Shang-tuan

2件 の用語解説(商団事件の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

商団事件
しょうだんじけん
Shang-tuan

中国,広東政府に対する反政府運動によって生じた武力衝突。 1924年広東政府の提出した徴税政策に反対する商人たちを中心に,香港上海銀行買弁陳廉伯の指導によって商団聯防総部が成立,商団側の武器購入,政府による押収,ストライキイギリス当局の介入,押収した武器の返還など激しいあつれきを経て,10月 10日ついに武力衝突にまで発展したが,14日孫文は武力鎮圧を決定し,15日に商団根拠地を攻撃,2日後に商団軍は壊滅した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しょうだんじけん【商団事件】

1924年10月に中国の広州でおこった商人の武装反乱。孫文の広東政府は,周辺を地方軍閥におさえられていたため,すべての財源を広州からの収奪に頼った。それに対する商人層の不満を列強や封建勢力が利用し,商人の武装自衛組織である商団(買弁陳廉伯が指導者)の力を背景に武装閉店ストを行ったのに対し,孫文は反革命としてそれを武力鎮圧した。この勝利と翌年の省東部による陳炯明勢力の討伐(東征)により広東政府の基盤はかなり強化された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

商団事件の関連キーワード広州コミューンアジアパラ競技大会広州塔アーイーアーシャンアーフーおこっぺ広州バレエ団黄花岡蜂起省港ストライキ

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone