コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

商団事件 しょうだんじけんShang-tuan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

商団事件
しょうだんじけん
Shang-tuan

中国,広東政府に対する反政府運動によって生じた武力衝突。 1924年広東政府の提出した徴税政策に反対する商人たちを中心に,香港上海銀行買弁陳廉伯の指導によって商団聯防総部が成立,商団側の武器購入,政府による押収ストライキ,イギリス当局の介入,押収した武器の返還など激しいあつれきを経て,10月 10日ついに武力衝突にまで発展したが,14日孫文は武力鎮圧を決定し,15日に商団根拠地を攻撃,2日後に商団軍は壊滅した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょうだんじけん【商団事件】

1924年10月に中国の広州でおこった商人の武装反乱。孫文の広東政府は,周辺を地方軍閥におさえられていたため,すべての財源を広州からの収奪に頼った。それに対する商人層の不満を列強や封建勢力が利用し,商人の武装自衛組織である商団(買弁陳廉伯が指導者)の力を背景に武装閉店ストを行ったのに対し,孫文は反革命としてそれを武力鎮圧した。この勝利と翌年の省東部による陳炯明勢力の討伐(東征)により広東政府の基盤はかなり強化された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android