コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広東政府 カントンせいふ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

広東政府
カントンせいふ

北京軍閥政権に対抗するために広東省広州市に設立された中国国民党系地方政権。 1917年孫文大元帥とする軍政府が樹立されて以来,西南軍閥との連合政権,中国共産党との合作と,その性格を変えながらも北伐 (1926) にいたるまで一貫して中国革命の中心勢力であった。北伐以後の分派政権や第2次世界大戦後の国共内戦終結直前,南京を追われた国民党政府をさすこともある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

カントン‐せいふ【広東政府】

中華民国時代に広東に成立した半独立政権。1917年、孫文らが北京政府に対抗して樹立した軍政府や、1925年に成立した中華民国政府など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

カントンせいふ【広東政府】

中華民国の初期に広東で4度樹立された反中央の地方政権,辛亥革命の指導者孫文と国民党が北洋軍閥に対抗して組織したものである。共和制の中華民国は,主権在民の〈臨時約法〉(憲法にあたる)と民選の国会をもったが,軍閥の袁世凱張勲らはそれを破壊した。張勲の復辟失敗後,北京政府をにぎった段祺瑞がやはり約法と国会を回復しなかったので,孫文は〈護法〉(臨時約法擁護)の旗印をかかげて,彼と行動をともにした国会(非常国会)を法的基盤に広州で中華民国軍政府(第1次広東政府,1917年9月~20年10月)を組織し,大元帥に就任した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

カントンせいふ【広東政府】

中華民国時代、数次にわたって広東に樹立された政府。1917年北京軍閥に対抗して孫文がたてた軍政府に始まり、数度の変遷を経て、31年蔣介石政権に反対した汪兆銘おうちようめいらを中心とした国民政府、49年中共軍に追われた中華民国政府が遷都したものなどを含めていう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

広東政府
かんとんせいふ

中国、辛亥(しんがい)革命後、北京(ペキン)に対して広東(広州(こうしゅう/コワンチョウ))を中心につくられた政府をいう。最初の広東政府は1917年9月、孫文(そんぶん/スンウェン)を大元帥としてつくられた軍政府で、これは正式の国会を復活することを主張した孫文派と西南軍閥との連立である。第二次は軍閥陳炯明(ちんけいめい/チェントンミン)との連立で21年5月に成立した孫文を大元帥とする軍政府。のち孫文は北伐の積極的展開を主張し、陳の部下のクーデターで倒された。第三次は23年に同じく孫文を大元帥としてできたが、これは24年1月の第一次国共合作を経て強大になり、25年7月には中華民国国民政府に改組され、27年武漢への遷都まで続いた。さらに31年反蒋介石(しょうかいせき/チヤンチエシー)派の汪兆銘(おうちょうめい/ワンチャオミン)らの組織したものと、49年の数か月、国民政府が解放軍に追われて南京(ナンキン)から広東に都したものがあるが、普通この二つは広東政府には含めない。[加藤祐三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の広東政府の言及

【商団事件】より

…1924年10月に中国の広州でおこった商人の武装反乱。孫文の広東政府は,周辺を地方軍閥におさえられていたため,すべての財源を広州からの収奪に頼った。それに対する商人層の不満を列強や封建勢力が利用し,商人の武装自衛組織である商団(買弁陳廉伯が指導者)の力を背景に武装閉店ストを行ったのに対し,孫文は反革命としてそれを武力鎮圧した。…

【中華民国】より

… 国共合作の成立後1年あまりのちに孫文は没したが,その間に党勢は大いに発展し,国民党指導下の広東大元帥府大本営(軍政府の一種。1925年7月改組して広州国民政府,いわゆる広東政府となる)も強化された。五・三〇運動に端を発した省港ストライキが16ヵ月にわたって戦えたのも広東政府が存在すればこそであった。…

※「広東政府」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

広東政府の関連キーワードミハイル ボロジン廖仲【がい】中国国民政府西山会議派中山艦事件商団事件ボロジン宋子文直隷派王正廷陳友仁熊克武唐生智汪兆銘陳炯明彭湃徐謙林森数次

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android