コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喃喃 ナンナン

デジタル大辞泉の解説

なん‐なん【××喃】

[ト・タル][文][形動タリ]口数多くしゃべり続けるさま。「喋々(ちょうちょう)喃喃
「何か―と話しているものもある」〈花袋田舎教師

のう‐のう【××喃】

[感]
人に呼びかけるときにいう語。もしもし。
「―我をも舟に乗せて給はり候へ」〈謡・隅田川
軽い感動を表すときにいう語。ああ。
「―恐ろしい面や」〈虎清狂・鏡男〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なんなん【喃喃】

( トタル ) [文] 形動タリ 
小声でつまらないことをいつまでもしゃべり続けるさま。 「喋々ちようちよう-」 「 -と語りつづけた/ふらんす物語 荷風

のうのう【喃喃】

( 感 )
人に呼びかけるときに発する語。もしもし。これこれ。 「 -御僧、何しにその宿りへは立ち寄り給ひ候ふぞ/謡曲・定家」
軽い感動を表す語。ああ。やれやれ。 「 -うれしいことや/狂言・鏡男」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

喃喃の関連キーワード喋喋喃喃トタル定家狂言

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android