喋喋喃喃(読み)ちょうちょうなんなん

四字熟語を知る辞典「喋喋喃喃」の解説

喋喋喃喃

小声で親しげに話しあう様子。また、男女がむつまじく楽しそうに語り合う様子。

[活用] ―たる・―として。

[使用例] これじゃまるで、御二人の喋々喃々じゃないの。我々は毎回、それを聴かされてるだけじゃないの[武田泰淳風媒花|1952]

[解説] 「喋喋」は口数多く話す様子。「喃喃」は小声でささやく様子。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「喋喋喃喃」の解説

ちょうちょう‐なんなん テフテフ‥【喋喋喃喃】

〘名〙 (形動タリ) (「喃喃」は小声でささやくさま) 小声で親しげに話しあうさま。また、男女がむつまじげに語り合うさま。喋喃。
※内地雑居未来之夢(1886)〈坪内逍遙〉一一「錦絵の団扇を〈略〉いつしか指先の翫弄物(もてあそび)にして、喋々喃々(チャウチャウナンナン)と説いづるを聞けば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「喋喋喃喃」の解説

ちょうちょう‐なんなん〔テフテフ‐〕【××××喃】

[ト・タル][文][形動タリ]《「喃喃」は小声でささやくさま》小声で親しげに話し合うさま。また、男女がむつまじく語り合うさま。
「事の必要なる理由を論じて—数千言」〈福沢福翁自伝

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android