喋喋喃喃(読み)チョウチョウナンナン

デジタル大辞泉の解説

ちょうちょう‐なんなん〔テフテフ‐〕【××××喃】

[ト・タル][文][形動タリ]《「喃喃」は小声でささやくさま》小声で親しげに話し合うさま。また、男女がむつまじく語り合うさま。
「事の必要なる理由を論じて―数千言」〈福沢福翁自伝

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょうちょうなんなん【喋喋喃喃】

( トタル ) スル [文] 形動タリ 
〔「喃喃」は小声でしゃべる意〕
男女がうちとけて小声で楽しそうに語りあう・こと(さま)。 「枕上まくらべに居て何事をか頻りに-する言葉のうちに/緑簑談 南翠」 「 -と説いづるを聞けば/未来の夢 逍遥

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android