コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

呉越春秋 ごえつしゅんじゅうWu-yue chun-qiu; Wu-yüehch`un-ch`iu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

呉越春秋
ごえつしゅんじゅう
Wu-yue chun-qiu; Wu-yüehch`un-ch`iu

中国,春秋時代・越両国歴史書。 10巻。後漢趙曄 (ちょうよう) の著。前半5巻が『呉史』,後半5巻が『越史』で,時代を追って両国の興亡を整然と記している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ごえつしゅんじゅう〔ゴヱツシユンジウ〕【呉越春秋】

中国の史書。6巻本と10巻本とがある。後漢の趙曄(ちょうよう)撰。春秋時代両国の興亡を記したもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ごえつしゅんじゅう【呉越春秋 Wú Yuè chūn qiū】

中国の古代における呉・越の興亡を記した書。10巻。後漢の趙曄(ちようよう)の著。呉は太伯から夫差まで,越は無余から句践(こうせん)までを叙述し,呉を内伝とし,越を外伝としている。記述には《左氏伝》《国語》《史記》などと異同があり,小説家の言に近く,稗官(はいかん)の雑記の体である。元の徐天祐の音注は事跡の異同に関して考証するところが多い。《漢魏叢書》本は6巻であり,日本の寛延2年(1749)の刊本はこれによっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ごえつしゅんじゅう【呉越春秋】

春秋時代の呉と越両国の興亡を記した書。一〇巻と六巻本がある。後漢の趙曄ちようようの撰。元の徐天祜じよてんこの音注。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

呉越春秋の関連キーワードおもな四字熟語同病相憐れむ同病相憐む臥薪嘗胆干将莫耶九尾狐越絶書嘗糞西施