善心(読み)ゼンシン

大辞林 第三版の解説

ぜんしん【善心】

人の道にかなったよい心。善良な心。
〘仏〙 仏教上の善を行おうとする心。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぜん‐しん【善心】

〘名〙
① 善良な心。善事をしようとする心。良心に恥じない心。人の道にかなった、よい心。⇔悪心。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※小学読本(1873)〈田中義廉〉二「終には、善心、善行の人と、なり、身の幸福を、得べし」 〔礼記‐楽記〕
② (「ぜんじん」とも) 仏道に進み精進する心。また、清浄な慈悲(じひ)の心。⇔悪心
※菅家文草(900頃)四・懺悔会作「香出善心火、花開合掌春」
※観智院本三宝絵(984)下「若善心をおこせる善男女ありてあみだ仏の名号を聞持ちて」 〔無量寿経‐上〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ダイバーシティ

ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。 もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったが、現在は性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

善心の関連情報