コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

善戦 ゼンセン

デジタル大辞泉の解説

ぜん‐せん【善戦】

[名](スル)力を尽くしてよく戦い抜くこと。多く、力の弱いほう、負けたほうの戦いぶりにいう。「善戦したが力及ばず敗れる」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぜんせん【善戦】

( 名 ) スル
十分に力を発揮して戦うこと。 ↔ 苦戦 「横綱を相手に-する」 「 -むなしく敗れる」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

善戦の関連キーワードウィーバー(James Baird Weaver)ジョン・アジェクム クフォーコンピューター対人間の将棋史全マレーシア・イスラム党民主行動党[マレーシア]ヘースティングズの戦いジェシー ジャクソンブレイブブロッサムズ新民党[大韓民国]インケルマンの戦いセルゲイ レブロフカービー=スミスボイン川の戦い空しい・虚しいロハス・ピニヤリマリック条約クナクサの戦いノボロシースクワグラムの戦い前川 トミヱ

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

善戦の関連情報