善所・善処(読み)ぜんしょ

大辞林 第三版の解説

ぜんしょ【善所・善処】

〘仏〙 来世に生まれるよい所。天上・人間界または諸仏の浄土。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぜん‐しょ【善所・善処】

〘名〙
① 仏語。六道(六趣)の中で、衆生(しゅじょう)が善業の因によって行く人間、天上の二趣。天上の神と人間の世界。また、諸仏の浄土。極楽浄土。→後生善処(ごしょうぜんしょ)
※百座法談(1110)六月五日「妙法蓮花はうたがひなき現世安隠後生善所の薬草にこそは候ふらめ」
② 安全な場所。
※金(1926)〈宮嶋資夫〉五「退いて身を善所(ゼンショ)におかなかったか」
③ 良いところ。良い点。
※日本道徳論(1887)〈西村茂樹〉二「今日に至り猶人民精神品行の善処あるは、祖先以来の儒道の教育に由る者にして」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android